最優秀賞を受賞した飯田一志さん(中)と大樹さん(右)。左は小山田会長

 中央畜産会が主催する全国優良畜産経営管理技術発表会の本年度の最優秀賞に青森県横浜町の飯田養豚場が選ばれ、30日、青森市内で表彰式が行われた。酒かすの乾燥粉末を配合した飼料で育てた「ほろよい豚」のブランド化や、家族経営を基盤に女性にも働きやすい職場づくりに取り組んでいることが高く評価された。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から