新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備えた新たな診療・検査体制が青森県内で12月1日、スタートする。保健所を中心とした従来の流れから、かかりつけ医など地域の身近な医療機関が発熱患者らに対応する仕組みに大きく変わる。保健所を介さずに検査の間口が広がり、感染の早期発見が期待されるが、混乱なく移行できるかは不透明。新体制を担う医療機関からは「患者が集中した場合など、どこまで対応し切れるか」と不安の声も漏れる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から