担当者の説明を受けながら、発掘調査の様子を見学する来場者

 青森市の特別史跡・三内丸山遺跡で7日、本年度発掘調査(第39次調査)現場の一般公開が始まった。発掘調査ガイドには観光客ら約30人が参加し、用途の解明が期待されている溝状遺構などを熱心に見学した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)