達磨堂の扉を開け最後の見学者たちに特別に内部を公開する宮越さん(写真奥)
最優秀賞を受賞した本間さんの「大沢内溜池・晩秋」

 築100年に合わせて行われていた青森県中泊町の旧家「宮越家」の一般公開が11月29日、最終日を迎えた。最後の見学者には特別に達磨(だるま)堂の内部も披露され、貴重な文化財を堪能した。宮越家公開に合わせて町が企画した「フォトコンテスト」では、五所川原市の会社員本間和人さんが最優秀賞に輝いた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から