八戸市鮫町にある「二子石稲荷神社」のミニチュアを手にする藤田さん

 青森県八戸市の八戸工業大学創生デザイン学科の藤田侑可(ゆか)さん(4年)が、3Dプリンターを使い、市内の神社のミニチュアを制作している。ミニチュアは石こう製で、37社分作る予定。現在20個ほどが完成しており、藤田さんは「来年1月に予定している同学科の卒業展示へ向けて、残りの制作も頑張りたい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。