消火栓に色付けする北村さん(左)と妻の登志枝さん。10基目は「鍾馗」を題材にした

 青森市の新町通りにある消火栓にアーティストが絵を描く「消火栓アート」が11月、2012年以来8年ぶりに「お色直し」された。今回は同市のねぶた師北村春一さん(39)が、ねぶたを題材にした作品を披露。道行く市民や観光客らの目を引いている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。