本年度の開園最終日となった29日も、来園者が主屋から金平成園の庭の眺めを楽しんだ

 本年度から青森県黒石市所有となり、初の常時開園(冬季除く)とした同市内町の国名勝・金平成園(かねひらなりえん)(澤成園(さわなりえん))が29日、同年度の公開を終えた。延べ入園者数は1942人と、新型コロナウイルスの影響で当初見込みの2500人は届かなかったものの、市教育委員会の担当者は「(新型コロナにより)思うようにPRできない中でもたくさんの方に来ていただけた」と語った。2021年度も市が同園を運営する方針。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から