コロナ感染再発防止のため、職員は腰に消毒液を提げて介助に当たり、頻繁に消毒を行うことにした=八戸市のひまわり苑

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が起きたデイサービスセンターひまわり苑(青森県八戸市)の施設管理者が29日までの東奥日報取材に対し、当時の状況を振り返った。陽性患者の接触者確認やPCR検査場所への送迎、他サービス事業者への連絡などで課題があることが浮かび上がった。また、誹謗(ひぼう)中傷の電話が次々と来る中で届いた励ましの手紙が職員の心を救ったという。サービス再開に当たって対策を強化しており「もう2度と感染は起きてほしくない。私たちの経験を今後の対策につなげてほしい」としている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。