家庭用タンクに灯油を詰める業者の従業員。冬支度の時期と安値が相まって満タンにする人が多い=青森市内

 間もなく師走を迎え、本格的な降雪シーズンに入る。今年の灯油価格は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による原油安などで昨年を下回っており、小売店での売れ行きも好調。消費者は「安くて助かる」と歓迎する一方、「いつまで安値が続くのか」と不安げに先行きを見守る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。