原子力規制委員会は6日、日本原燃六ケ所再処理工場の新規制基準の適合性に関する審査会合を開いた。原燃は重大事故のうち、核分裂反応が連鎖して起きる「臨界」の対処方針を説明。臨界の可能性がある設備の数を、これまでの3から23に大幅に増やした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)