農林水産省と県が27日発表した「2020年農林業センサス」の青森県分まとめ(速報値)によると、農家や法人組織を合わせた農業経営体数は2万9022で、15年の前回調査より19.2%減少したが、このうち法人化している経営体は646と23.3%増えたことが分かった。経営規模別では、20ヘクタール以上の経営体が690で22.6%増加した。経営体数は減っているものの、収益力向上のため大規模化や組織化を進める経営体が増えているという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から