任期満了に伴う青森県六ケ所村長選は24日、投開票が行われる。いずれも無所属で、核燃料サイクル施設との「共存共栄」を掲げ再選を目指す現職の戸田衛氏(71)と、核燃料サイクル事業反対を訴える新人で青森市の医師・遠藤順子氏(58)が、核燃推進か事業中止かを巡り選挙戦を繰り広げてきた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)