実演会で披露された無人で畑を耕す自動運転トラクター

 情報通信技術(ICT)を利用した「スマート農業」の普及を目指す青森県六ケ所村は26日、農業用の全球測位衛星システム基地局(GNSS基地局)を活用したトラクター自動運転システムの実演会を同村倉内の農地で開いた。スマート農業を取り入れる農家を増やし、高齢化や担い手不足などの課題解消につなげる狙い。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から