東北電力の岩渕伸一・執行役員青森支店長は25日、青森市のラ・プラス青い森で開いた定例会見で、女川原発2号機(宮城県)が同県、女川町、石巻市から再稼働に向けた地元同意を得たことに対し、「安全対策を真摯(しんし)に議論、確認していただいた結果」と評価した。その上で、安全審査中の東通原発1号機(東通村)について「審査が先行しているプラントの情報や女川の経験を生かして、審査が効率的に進むよう適切に対応する」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から