売り手(右)から説明を受けながら、工芸品に見入る来場者たち

 青森県は本年度、県内で作られる工芸品の新たな販売体制を構築するため、作り手に代わって工芸品を売る人材の育成に取り組んでいる。25日には、「売り手」となる県内の5業者が商品をPRする展示商談会を県庁で開いた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から