同僚に見守られ、海自八戸基地から飛び立つP3C哨戒機=25日(同基地提供)

 アフリカ東部のソマリア沖・アデン湾での海賊対処と、中東海域の情報収集任務に当たる海上自衛隊八戸基地を基幹とするP3C哨戒機部隊約60人が25日、同基地を同機2機で出発した。任務期間は非公表。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から