青森県八戸市は25日、八戸市立市民病院の30代女性看護師1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。女性はコロナ患者の入院病棟を担当しており、発症前後の行動履歴に外部との接触がほぼないことから、市は院内で感染した可能性が高いとみている。一方、青森市は25日、同市在住の40代女性と40代男性が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での新規感染者の判明は2日ぶりで、感染確認は累計284人となった。

 八戸市立市民病院は院内で女性が活動したエリアの消毒を実施。外来、入院、救急診療への影響はなく、受け入れ制限もしないとした。感染確認は市内31例目。

 市によると、看護師は勤務日だった23日にせき、鼻水などの症状があり、24日の勤務前に同病院を受診。遺伝子検査「LAMP法」の検査を受けたところ、感染が判明。25日に県環境保健センターのPCR検査でも陽性を確認した。現在は軽症で入院中。

 看護師は1人暮らし。市は同僚の看護師ら病院職員25人の検査を院内で行い、全員陰性だった。このうち、病棟休憩室で食事時間が一緒だった看護師2人は1週間の自宅待機としている。濃厚接触者ではない病院関係者25人についても検体を採取。26、27日には検査結果が判明する見込み。

 一方、青森市や県によると、同市の男女は同居しており、ともに14日前からの県外への移動歴はない。女性の濃厚接触者は同居の4人で、感染の男性も含む。男性以外の3人は陰性だった。男性の濃厚接触者は調査中。

 発症14日前からの陽性者との接触については、女性は不明。男性は女性以外との接触はないとみられる。このほか女性の接触者として同市保健所管内で2人、県内の他保健所管内で3人を確認している。いずれも女性の知人で、今後、PCR検査を行う予定。

 女性は12日からせきや発熱などの症状があり、16日に市内の医療機関を受診、風邪と診断された。しかしその後も症状は改善せず、19日に市内の別の医療機関を受診し、気管支炎と診断された。22日朝に初めて市保健所に電話で相談。同日中に市地域外来を受診し、23日に市検査センターで検体を採取したところ、25日に陽性と確認された。

 男性は、女性の感染を受け、25日にPCR検査を行い、陽性が判明した。

 女性は現在、息切れがあり軽症。既に市内の医療機関に入院している。男性は無症状で、現在入院などの調整をしている。