中にろうそくの明かりがともされ、青森市高田地区を練り歩いた戦前型のねぶた

 竹で骨組みを作り、ろうそくで明かりをともす戦前型のねぶたが23日、青森市高田地区で運行された。同地区の地域ねぶたとして、同市のねぶた師・竹浪比呂央さん(58)が再現。住民らは、ろうそくの揺らめく光で地域を練り歩くねぶたの姿に魅了された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)