盛美園の木々に雪囲いを施す作業員たち=24日午前、平川市猿賀

 本格的な降雪期を前に、青森県平川市の国名勝・盛美園(清藤浩之園主)で24日、園内の木々を雪害から守る恒例の雪囲い作業が始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、同日から11年ぶりで冬季閉園に入った。新型コロナや雪の状況を見ながら、2021年4月中旬に開園する予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から