青空の下、下乗橋付近で雪囲い作業を行う弘前市の職員

 青森県弘前市の弘前公園で24日、園内に約4万本ある樹木のうち、約3万本の中・低木を、雪による枝折れなどから守る雪囲い作業が始まった。マツなど雪囲いできない大きな木は、縄で枝を固定する「雪吊(つ)り」を行うほか、サクラは冬期間も雪害に遭わないよう見守り春に備える。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。