新型コロナ感染拡大を受けて、あおもりいのちの電話には、将来への不安や生活の悩みを打ち明ける相談が寄せられている(今年5月撮影)

 今年の青森県内の自殺者数が昨年より増える傾向にあり、関係者の間で懸念が広がっている。1月から10月末の自殺者数(警察庁自殺統計速報値)は212人で、前年同期の195人を上回った。関係者は「新型コロナウイルス感染拡大と、社会環境の変化が、何らかの影響を及ぼしているのではないか」「俳優の死の影響も懸念される」と分析。「不安や悩みがあったら関係機関に相談してほしい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。