5~6月にかけてふ化し、胴長4センチほどに育ったエゾハリイカの雄=22日、浅虫水族館

 青森市の浅虫水族館がコウイカ類の「エゾハリイカ」の繁殖に成功し、現在2匹を飼育、展示している。同館によると、国内の水族館で飼育した個体からの繁殖例は初めて。ヤリイカやスルメイカなど細長い個体よりぷくっとしたかわいらしい体形が特徴で、来館者の目を引いている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。