男子個人総合で優勝した安藤梨友のロープ=高崎アリーナ(共同)

 新体操の全日本選手権第2日は21日、群馬県の高崎アリーナで個人総合の後半2種目が行われ、男子は安藤梨友(青森大)が4種目合計74.350点で初優勝を飾った。前日のスティック、リングを合わせて種目別も全て1位となり、5種目完全制覇を果たした。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から