地方行脚の一環で来県し弘前市で会見する立民・福山幹事長=21日午後

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は21日、次期衆院選に向けた地方行脚の一環で来県した。升田世喜男氏を擁立予定の青森県1区について、かつて旧2区を地盤とした自民党現職・江渡聡徳氏が、選挙のたびに小選挙区と比例代表の候補を入れ替えるコスタリカ方式により初挑戦となることから「十分に戦える選挙」と述べ、党本部として重要視する姿勢を示した。一方、共産党との候補者一本化については「話せる段階にない」とするにとどめた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から