【弘前工-五所工】第4セット、弘前工の澤頭がスパイクを決め12-8とリードする=青森市のマエダアリーナ
【青森西-三沢商】第2セット、青森西の毛藤がスパイクを決め20-14とする

 全日本バレーボール高校選手権(春の高校バレー)出場を懸けた青森県代表決定戦決勝が21日、青森市のマエダアリーナで行われた。男子は弘前工が3年ぶり41回目、女子は青森西が4年連続17回目の本戦出場を決めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。