スピードスケートの全日本選抜競技会八戸大会第2日は21日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸で行われ、女子1000メートルは高木美帆(日体大職)がリンクレコードとなる1分14秒89で優勝した。小平奈緒(相沢病院)が0秒86差で2位。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から