牛のご神体を入浴させ、地域の安全や住民の無病息災などを祈願した丑湯まつり

 今年で開湯400年を迎えた、むつ市大畑町の薬研温泉郷で4日夜、「丑湯(うしゆ)まつり」が開かれた。温泉郷に約500のちょうちんがともる幻想的な雰囲気の中、各旅館では、ご神体の牛の木像を入浴させる入湯式が厳かに行われた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)