2回ソフトバンク無死一塁、栗原が右越えに先制2ランを放つ。投手菅野、捕手大城=京セラドーム
プロ野球日本シリーズの第1戦開始を前に整列する巨人とソフトバンクの選手たち=21日、大阪市の京セラドーム大阪

 SMBC日本シリーズ2020は21日、京セラドーム大阪で第1戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)が8年ぶりの日本一を目指す巨人(セ・リーグ優勝)に5―1で快勝し、2018年の第3戦から9連勝としてシリーズ記録を更新した。巨人は13年の第7戦から6連敗となった。

 ソフトバンクは二回に栗原のシリーズ初安打となる2ランで先制。六回には栗原の2点二塁打で加点した。千賀が7回無失点で白星を挙げた。巨人は菅野が先発して6回4失点だった。

 22日の第2戦の予告先発は巨人が今村、ソフトバンクが石川と発表された。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む