83歳の誕生日に開催されたオンラインイベントで、ケーキを贈られた道化師の梶原輝夫さん=21日午後、名古屋市

 国内最高齢とみられるクラウン(道化師)が愛知県を中心に活躍している。両膝に持病を抱え、2度の手術を経験。最近は椅子に座ったままパフォーマンスすることも。新型コロナウイルスの影響で人が集まる場所で芸を披露する機会は減り、83回目の誕生日を迎えた21日はオンラインイベントを開催。一昔前と状況は一変したが、「大きなステージにも立ってみたい」と現役続行に意欲を燃やしている。

 「ダスター」の芸名で活動する梶原輝夫さん(83)=名古屋市守山区。21日のイベントは名古屋市の会社から配信され、事前にチケットを購入した約40人が動画を楽しんだ。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む