「メリー・ウィドー」への意欲を語る沖澤さん(右)と三戸さん=川崎市

 若手指揮者国際コンクールで昨年優勝、同年に東奥賞を受賞した気鋭の指揮者・沖澤のどかさん(33)=青森市出身=が指揮、バス・バリトン歌手の三戸大久(ひろひさ)さん(43)=同=らが出演する東京二期会のオペレッタ「メリー・ウィドー」が今月、東京・日生劇場で上演される。沖澤さんが同会オペラで主指揮を執るのは初めて。2人は川崎市でのリハーサルで、取材に対し「青森県出身の出演者も多い。舞台を身近に感じ、楽しんでもらえれば」と語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。