新型コロナウイルスの青森県内大規模クラスター(感染者集団)の発端になった弘前市の接待を伴う飲食店の70代女性経営者が20日夜、東奥日報取材に応じ「多大なるご迷惑をお掛けしてしまった。誠に申し訳なく、心からおわび申し上げます」と陳謝した。女性は基礎疾患があったため、入院が長引き今月上旬に退院。「入院している間も、どうおわびをしようかずっと考えていた」と胸の内を語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から