足達准教授(左端)のアドバイスを受けながら、「なみおか懐古展」で展示する写真を確認する学生たち

 青森市浪岡地区の懐かしい写真を集めた企画展「なみおか懐古展」が28、29の両日、JR浪岡駅併設の市浪岡交流センター「あぴねす」で開かれる。青森公立大学経営経済学部地域みらい学科の学生たちが企画したもので、過去の写真と同じアングルで撮影した現在の写真を並べるなど、工夫を凝らした展示となる。学生たちは「浪岡の魅力を再発見してもらうきっかけになれば」と意気込む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。