緑豊かな環境の再生を願い、苗木を植える参加者

 産業廃棄物の全量撤去が終わった青森・岩手の県境産廃不法投棄現場の田子町側跡地で5日、昨年に続き2回目となる「県民植樹祭」が行われた。参加者たちは、跡地が緑豊かな環境へ再生するよう願いながら、ミズナラやブナなどの苗木約2500本を植えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)