3遺跡の出土品が展示されたコーナーでは来場者が熱心に見入った

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館は14日、本年度の遺跡調査報告会を同館で開いた。調査した遺跡36地点のうち、一王寺遺跡、石橋遺跡、八戸北インター第2工業団地建設予定地について、担当学芸員が調査の成果を発表し、市民や関係者約40人が耳を傾けた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から