チームを組んで企画を立案する受検生

 県内就職を目指す大学生が自らの適性や社会人になるための素養、能力を確認する「あおもり就職検定」が4日、青森市の青森大学で行われた。同大の1〜4年生23人が筆記問題やグループディスカッションなどに挑戦し、実際の就職試験の雰囲気を体験した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)