青森市は19日、市営バスと、市の委託を受けた民間事業者が運行している市バス、シャトルバス「ねぶたん号」のキャッシュレス決済サービスを、2022年春から開始すると発表した。各バスとも全路線で「Suica(スイカ)」など10種類の交通系ICカードが使える。市はスイカの機能を併せ持つ独自の「地域連携ICカード」を新たに発行し、バス利用でのポイントサービスなども提供する予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。