実演役と説明役に分かれて、手水のやり方を示す英語を確認する参加者たち

 英語で青森県八戸市の魅力を伝えられる人材を増やそうと、八戸国際交流協会は本年度、新たに「ボランティア英語ガイド養成講座」を始めた。同協会のガイドはイベントなどでの外国人客対応で幅広く活躍しているが、近年は人材不足や高齢化が進んでおり、講座を通じて課題解決を図る考え。本年度分は想定以上の参加者を迎え終了したが、引き続きガイドに挑戦したい人を募っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)