青森市庁舎の建て替えに向け、さまざまな意見が出たワークショップ

 青森市庁舎の建て替え事業で、同市と設計業務の委託契約を結んだ「佐藤総合計画東北事務所」(仙台市)など5社でつくる設計共同体は4日、同市役所柳川庁舎で基本設計に市民意見を反映させるためのワークショップを初めて開いた。参加した市民はユニバーサルデザインやにぎわい創出など、四つのテーマに分かれ意見を出し合った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)