長嶋茂雄招待セガサミー・カップ第3日(4日・北海道ザ・ノースカントリーGC=7167ヤード、パー72)初日から首位のJ・B・パクと67で回った金亨成の韓国勢が通算12アンダーの204でトップに並んだ。66をマークした宮里優作と岩田寛、池田勇太、今平周吾が2打差の3位につけた。初日、第2日に4位につけていた古田幸希(青森山田出)は75と崩れ、通算4アンダー、212の39位に後退した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)