開幕した「光の冬物語」。十和田神社の参道と湖畔をイルミネーションなどの明かりが彩り、幻想的な雰囲気に包まれた=18日午後5時すぎ、十和田湖畔休屋

 「カミのすむ山 十和田湖」-。地元に残る伝説を基に夜の十和田湖畔を電飾で彩る「光の冬物語」が18日、青森県十和田市休屋地区の十和田神社をメイン会場に開幕した。参道や湖畔をイルミネーションなどで演出し、家族連れらが幻想的な空間に酔いしれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。