LGBTQへの理解を深め、教職員ならではの関わり方を学んだ研修講座

 弘前市教育委員会は17日、市総合学習センターで、市立小中学校の教職員らを対象にした性教育研修講座を開いた。心と体の性が一致しなかったり、性自認に迷っていたりする性的少数者(LGBTQ)について理解を深め、児童生徒への関わり方を考えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から