バル街会場のかだれ横丁で披露されたタヒチアンダンス=4日午後5時15分

 スペインの大衆的な飲食文化にヒントを得たイベント「第9回弘前バル街」が4日、弘前市内各所で開かれた。参加者が目当ての店を数軒訪ねては、各店自慢の料理やドリンクを味わった。主催する実行委員会によると、今回は過去最高となる2500枚余の前売りチケットを販売しており、街は大いににぎわった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)