1日だけ復活した「海峡号」の出発を見送る石戸さん(左)と小形駅長=4日午前、JR青森駅

 来年春に予定されている北海道新幹線の開業に向けた観光PRの一環として、かつて青森−函館間を走っていた快速列車「海峡号」が4日、13年ぶりに1日限定で復活した。青森駅のホームで行われた出発式には、懐かしの列車を一目見ようと、300人を超える鉄道ファンらが詰めかけた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)