情報発信へ向けスマートフォンで調べながら記事を書く学生

 青森県産品の魅力をSNS(会員制交流サイト)を通して外国人らに発信する「青森のうまいものたち応援団」の第1回研修会が22日、弘前市の集会所「indriya」で開かれた。弘前大学の学生16人が県産品の情報を効果的に伝える方法を学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)