山形との2回戦に臨む本県副将の鈴木五段(左)

 第59回東北六県将棋大会(東奥日報社など東北の代表紙5社主催)が4日、審判長に日本将棋連盟の森下卓九段を迎え、岩手県紫波町の紫波グリーンホテルで開幕した。初日は1、2回戦を行い、7年ぶりの優勝を狙う本県チームは1勝1敗で前半を折り返した。最終日の5日は3〜5回戦を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)