土器や土偶を手に、縄文文化の精神に思いをはせる(左から)秦さん、三村知事、レキシさん

 本県の縄文遺跡群の魅力を国内外に情報発信してもらう「あおもり縄文大使」第1号として、ミュージシャンの秦基博さんとレキシさんが任命された。本県など4道県が目指している縄文遺跡群の世界遺産登録実現へ、弾みをつけるのが狙い。3日、都内で開かれた式典で三村申吾知事から任命証を受け取った2人は「音楽を通じて、縄文文化の素晴らしさを広めたい」と意欲をみせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)