会場に設置された高座から表情豊かに自身の歩みを語る一龍斎貞弥氏

 東奥情報懇談会6月例会が19日、青森市の青森国際ホテルで開かれ、講談師の一龍斎貞弥氏が「声の世界から伝統話芸の世界へ」をテーマに講演した。「声のプロ」として歩んだ30年間を振り返るとともに、日本の伝統話芸である講談の魅力と意義について語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)