野辺地サッカースポーツ少年団に入団3年目、小学4年生のときの柴崎選手(中)
【日本−コロンビア】後半、大迫が勝ち越しゴールを決め、笑顔を見せる柴崎=サランスク

 W杯コロンビア戦で後半途中交代ながら日本の勝利に貢献した青森県野辺地町出身の柴崎岳(青森山田出、ヘタフェ)。子供のころを知る恩師やチームメートは「負けず嫌い」「大きな試合に強い」と口をそろえる。ひたむきに己を磨いてきた「努力の天才」が夢の舞台で大輪の花を咲かせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)