コロンビア戦で競り合う柴崎(右)
【日本−コロンビア】後半、ヘディングで勝ち越しゴールを決める大迫(中央)=19日、サランスク

 青森県野辺地町出身の柴崎岳(青森山田出、ヘタフェ)が世界の大舞台で躍動し、日本代表が初戦を白星で飾った。サッカーのW杯ロシア大会第6日は19日、サランスクのモルドビア・アリーナで1次リーグH組が行われ、日本代表はコロンビア代表を2−1で破る大金星を挙げた。みちのくの地で育ち、鍛えられた若武者GAKUは、県民の声援を背にピッチを疾走、再三チャンスを演出し、県人初のW杯日本代表として、ロシアの地にしっかりと、その名を刻んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)