調印後、握手を交わす細越代表(左)と小野澤社長

 日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸(細越健太郎代表)は3日、IT・マーケティング企業向けの営業コンサルティングなどを手掛ける「リゲイン」(本社東京、小野澤秀人社長)と業務提携を結んだ。J3入りに向け課題となっている集客力を、同社の協力を受け高めたい考え。提携は同日付で、期間は1年間。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)